フケの原因と抜け毛

そもそもフケってナニ?

フケは、抜け毛の原因のひとつと言われているので、異常にフケが出るという場合は注意が必要です。

 

そもそも「フケ」とは、頭皮細胞が約28日のサイクルで頭皮の角質が剥がれたもので、いわば「皮膚のカス」です。

 

そのため、フケが出ること自体はごく自然なことなのです。

 

健康なフケは、目に見えないくらいの小さなものなので、知らないうちに頭皮から剥がれ落ちています。

 

通常、本人も気づかないものですが、これが「気になる」というほどフケが出る場合は、頭皮に何らかの問題があると考えられます。

 

フケが髪に与える悪影響とは?

 

フケは、誰でも出るものですが、まったく何もせずに放置するのはよくありません。

 

フケは、毛根を傷め、抜け毛の原因になるだけではなく、フケをエサとする細菌が繁殖し、かゆみが出るようになります。

 

また、毛穴を塞いで毛髪の成長を阻害したり、ヘアサイクル(発毛サイクル、毛周期)を乱してしまいます。

 

また、かゆみが出た際に爪で強く掻いたりすると、そこが傷つき、雑菌が侵入して、さらに頭皮環境を悪化させることになり、ますます抜け毛が増えるということになってしまいます。

 

そのため、「たかがフケ」とバカにできないものなのです。

 

フケが増える原因は?シャンプーにあり!

 

普通なら気づくことさえないフケが、「気になる」ほど出るようになる原因の代表的なものには、シャンプーの影響があります。

 

≪自分に合わないシャンプーを使っている≫

 

頭皮がそれほど脂っぽくない(皮脂が多くない)にもかかわらず、洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮の皮脂や水分を取り過ぎてしまい、カサカサの状態になり、フケが出やすくなります。

 

このような場合は、脱脂性の弱いシャンプーに換えたり、頭皮に適度な水分を補うコンディショナーなどを使うといいでしょう。

 

≪力を入れて強く洗いすぎている≫

 

汚れをしっかり落とそうとして、爪を立てて頭皮をゴシゴシと洗ったり、濡らした頭に直接シャンプーをつけて洗い始めるという人がいるようです。

 

これは特に男性に多いようですが、このような乱暴な洗い方をしても、しつこい脂汚れは落ちないばかりか、頭皮や髪を傷めることになってしまいます。

 

頭皮の傷はフケの原因になるだけではなく、そこから雑菌が侵入して頭皮環境を悪化させ、ますますフケが出やすくなってしまいます。

 

もちろん、毛穴にもダメージを与えるので、髪の毛の成長を阻害したり、抜け毛の原因になります。

 

本当に頭皮の汚れを落としたいなら、力を入れてゴシゴシ洗うのではなく、撫でさするようにしながら「揉み洗い」して時間をかけてじっくり優しく洗うようにしましょう。

 

≪シャンプー後のすすぎが不十分≫

 

頻繁にシャンプーをしない人(3〜4日に1回など)の場合、乾燥した粉のようなフケではなく、頭皮にベタつく脂っぽいフケが出ることがあります。

 

これは、皮脂の過剰な分泌によって、本来なら自然に剥がれ落ちていくはずのフケが溜まったものだと思われます。

 

このような場合は、言うまでもありませんが、シャンプーをして頭皮の余分な皮脂を取り除くことで改善されます。

 

また、きちんとシャンプーをしているのに脂っぽいフケが出やすい人は、脂肪分の多い食事を摂った後に顔がベタつく傾向があるので、普段から脂肪分の多い食事を控えるようにすれば、脂っぽいフケも改善されるものです。

 

参考サイト: 抜け毛の一日の平均本数

更新履歴